Web制作会社との契約でドメインの所有者だけは自分にしておこうよ

ドメインの所有権が制作会社になっている場合は要注意です。例えばcntsv.jpドメインは代表である私が所有者です。どこのレンタルサーバーを借りようが、誰にWebサイトを作ってもらおうが、https://cntsv.jpというアドレスの持ち主は私です。

所有権がWeb制作会社だった場合はどうなるか。どこのレンタルサーバーにhttps://cntsv.jpを結びつけるかの決定権はWeb制作会社が持っています。そのドメインの所有権を変更できるのは持ち主だけです。この状況を例えるなら自分の会社の看板をWeb制作会社が所有しているという状況です。いくらあれはうちの会社の看板だと主張しても奪うのは無理でしょう。

ドメインの所有権さえ持っていれば、あとは何とかなります。Webサイトの管理会社をチェンジすることができる。こっちで新しいサーバーを借りてそこに新しいWebサイトを作ってしまえばいいんです。そこまで揉めないにしても、交渉するにあたり、要の要素の2つのうちの1つを持っていることは重要です。

詳細を非公開にしている場合もありますが、ドメイン情報は自分で確認できます。https://whois.jprs.jp/

所有権は自社にする。しかし契約管理はWeb制作会社に任せる。契約書に残して起きましょう。

それでは楽しいインターネットライフを!