フリーランスにとってランサーズのテレビCMは追い風です

個人事業主

まずはCMを観てみましょう。15秒です。

田辺誠一さん出演ランサーズCM15秒「採用やめよう編」

「採用やめよう!」。 衝撃的です。内容は仕事を発注する側にむけたCMになってます。終身雇用の終焉、年金制度の危機、これらの世相を踏まえると企業が実戦力を正社員からフリーランスなどの非正規雇用へのシフトしようとしているニーズが見えます。

クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズが何かと言えば日本のクラウドソーシングサービスの1つです。クラウドソーシングは何なのか言うと、クラウド(群衆)にアウトソーシング(外部委託)する仕組みのこと。仕事をやって欲しい人と仕事をしたい人が仕事単位で契約する。雇用ではない。特徴としては契約から支払いまでの手続きが全てWebサービス上で完結するので、場所も時間もとらわれないで自由に契約ができる。どっかの南の島の海岸で傘のついたカクテルをちびちびやりながらでも、働けると言う夢のような仕組みなのです。

今まではSESエージェントの仲介会社を通さないと人材の調達が難しかった企業がフリーランスを直に発注するケースが増えるでしょう。高スキルの人材が臨機応変に採用できることには魅力的

ランサーズに仕事を取られてしまうか。

個人事業主はどうするか。一時的に報酬の相場は上がるかもしれませんが、モチベーションが維持できるほどの価格にはならないと予想してます。利用する側に。

営業力。自分で開拓してくることです。自分が苦手な分野は切り出してクラウドソーシング。

コメント