能力と状況が同じなら、より良い睡眠をとれた方が勝つ

残業時間の長さや、睡眠時間の短さを自慢する時代は終わりました(キッパリ)。

誰でも経験があると思いますが、寝不足状態の時に気を緩めると眠くなります。

よくある寝不足の症状

・発展的な意見のない会議にイラつく
・仕事中のヘッドホンのボリュームは大き目
・水代わりに珈琲を飲む
・咀嚼がやめられない
・傘、スマホ、などの忘れ物する
・長文読解できない

マチルダさんも言ってました、「寝るのもパイロットの仕事よ」って。

大事なのは睡眠時間の長さではなくて、睡眠の質です。8時間寝たから良いとか、3時間じゃダメってことはないです。わかりやすい例では目覚ましをかけないと起きられないようでは、十分な睡眠を取れていないです。ヘッドホンでガンガっb音楽を聴きながら、珈琲をがぶ飲みしてもいい仕事はできません。

ちなみに私は睡眠時間を図る為にスマートバンドを付けてます。いろんな製品がありますが私が気に入っているのは、仕事中に仮眠をした時間も睡眠時間として加算してくれる精度の高い点。

まだ、買ったばかりなので、そのうちにレビュー結果をまとめます。

コメント